キヌアの賞味期限や保存方法は?冷凍でとっておける?

キヌアは早めに食べきることが重要

 

キヌアはほとんどの場合、お米と同じくまとまった量で販売されています。例としては、下記のものがあります。

・コストコのキヌア → 約1.8キロ
・楽天のキヌア → 約1.0キロ

 

価格的にはコストコが安いので、コストコで買っているという人は多いでしょう。

 

例えばコストコのキヌアの場合、1.8キロありますので、普通に消費していては1カ月以上かかってしまうことも。その間の保管は大丈夫なのか?という点がまず気になりますね。

 

キヌアは穀物なので賞味期限(消費期限)は長いのですが、放置しておくと虫が出る可能性があります。最低限冷暗所に保存する必要がありますし、理想としては冷蔵庫に入れておくのがよいでしょう。そうすれば、消費期限いっぱいは保管可能です。

 

お米でも長期間放置すると虫が出ることがありますが、キヌアは米よりも栄養価が高いのが特徴なので、余計虫が出やすいというのは容易に想像がつきます。しっかりと気を付けて保管しておきましょう。

調理したキヌアの保存方法は?

問題は、調理した後のキヌアをどうするかです。キヌアは炊いたり茹でたりという調理が必要なので、その都度調理すると面倒ですね。なのでいっきに大量に調理して保存しておいたほうが、面倒もないですしコストも安く済みます。

 

ただ、その場合はさらに保存方法に気を使う必要があります。

 

まず冷蔵庫を使う場合ですが、タッパーなどに入れて保存しても数日経過すると状態が悪くなってきます。なるべく、2~3日のうちに消費するようにしたほうがいいでしょう。

 

冷凍の場合はもう少し長く持ちます。お米などと同じく、2~3週間は保管しておいてもよいでしょう。ただ、家庭用の冷蔵庫はそこまで低音に冷やすことができないので、それ以上の期間は保管できないと考えたほうがいいです。

 

解凍すると、炊いた直後のようなホクホク感はやや弱くなってしまいますが、十分おいしく食べられる状態になります。1食に使うキヌアの量が決まっているときは、ラップで小分けにしてから冷凍したほうがいいです。そうすれば、必要なぶんだけ解凍して使うことができるので効率がよくなります。まとめて冷凍したときは、解凍時に全部使うようにしましょう。いったん解凍して、残りをまた冷凍させてしまうと、味をかなり損なってしまいます。

まとめ

調理前のキヌアであれば、冷暗所、もしくは冷蔵庫に保存しておけば、賞味期限(消費期限)いっぱいもちます。

 

調理後のキヌアは冷蔵庫で2~3日、冷凍庫だと2~3週間です。それ以上は品質の低下につながるので早めに食べるようにしましょう。

 

結局のところ、米と同じように扱えば問題ないということです。米に比べて賞味期限は若干厳しいですが、キヌアは定期的に食べることで効果が発揮される食品です。忘れないように消費しつづければ、保存方法について困ることはないでしょう。サラダやスープ、スムージーなどに混ぜてこまめに摂取することをこころがけましょう。

 

>>>キヌアの食べ方で米に混ぜるのはもう古い?