キヌアが女性ホルモン成分が美容やバストアップに繋がる?

キヌアと美容・美肌の関係とは?

 

キヌアにはさまざまな栄養素が含まれ、健康維持やダイエットにつながるスーパーフードとして期待されています。

 

そこで、「美容・美肌にはどうなの?」と気になっている女性もいるのではないでしょうか。ここでは、キヌアと美容・美肌の関係をご紹介します。

 

女性ホルモンの分泌バランスが美容維持のポイント

「女性らしさ」は、体内の女性ホルモンが支配していると言われています。女性は女性ホルモン分泌量が多く、体に丸みが出たり、胸やおしりが膨らんだりなど、女性らしい身体的特徴が出てきます。また、月経や妊娠などをつかさどるのも女性ホルモンの影響です。

 

この女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、「女性らしさ」をつかさどるのは主に「エストロゲン」の方になります。一般的に、エストロゲン分泌量のバランスが取れた女性はツヤのある肌・髪をしていて、美しい外見を保つことができます。

 

フィトエストロゲンが女性ホルモンに似た働きをする

食べ物の中には、エストロゲンと似た働きをするポリフェノール「フィトエストロゲン」を含むものがあります。主に植物に含まれているため、「植物性エストロゲン」と呼ばれることもあります。

 

細胞内には「エストロゲン受容体」というレセプターがあり、エストロゲンがキャッチされることで作用します。しかし、女性ホルモン分泌バランスが落ちてくると、空いたレセプターが多くなってきます。

 

そこでこのフィトエストロゲンを摂取すると、細胞にある「エストロゲン受容体」にキャッチされます。そうすることで、脳は「エストロゲンが足りている」と認識し、ホルモン減少によって起こる肌トラブルなどを軽減することができるのです。

 

さらに、エストロゲンは生理周期や更年期などの時期によっては過剰分泌となることがありますが、フィトエストロゲンを摂取することで、過剰な女性ホルモンの分泌をバランスよくコントロールできることもわかっています。

 

イソフラボン 大豆(豆腐、納豆、豆乳、きなこ、油揚げ、味噌、しょうゆなど)
リグナン 梅干し、胡麻、亜麻仁油、小麦、カラス麦、キヌアなど
ボロン 桃、梨、キャベツなど

 

フィトエストロゲンの代表が大豆に含まれる「大豆イソフラボン」です。納豆や豆乳などに多く含まれており、摂取することで美容効果があることは有名な話です。

 

イソフラボン以外にもフィトエストロゲンはあり、例えば亜麻仁油や小麦、胡麻などに含まれる「リグナン」、さらにはキャベツなどに含まれる「ボロン」もその一種となります。

 

キヌアに含まれるフィトエストロゲンは「リグナン」となり、こちらもレセプターに受容されてエストロゲンのように振る舞う機能があるのです。

 

グルテンフリーのリグナン含有食品としての価値

リグナンは小麦やカラス麦などの穀物にも含まれている成分ですが、小麦などの穀物はグルテンを含んでおり、アレルギーなどの原因にもなる少しやっかいな食品です。

 

その点、キヌアは厳密には穀物ではなく、ヒユ科の植物なのでグルテンフリーとなっており、アレルゲンになりません。そのため、穀物アレルギーでも摂取できますし、「今後アレルギーになるのが怖い」という人でも安心して食べられるという利点があります。

 

>>アトピーやアレルギーとの関係は?

 

フィトエストロゲンの美容効果は?

 

美肌効果が期待できる

いくら美容効果の高い成分を摂っても、エストロゲンが足りていなければ美容効果が出ない、と言われているほど、エストロゲンは美容・美肌には重要です。食生活の乱れやストレスなど、ちょっとした生活環境の乱れでエストロゲン分泌量は簡単に乱れてしまうので、フィトエストロゲンを摂取しておくのは効果的です。

 

更年期障害の緩和

更年期を過ぎると、女性ホルモンバランスが乱れ、エストロゲン分泌量が落ちてくると言われています。その結果、不眠や倦怠感、ホットフラッシュなどの更年期障害の引き金になると考えられています。そこでフィトエストロゲンを効果的に摂取することにより、エストロゲンの増加をサポートし、更年期障害を緩和する効果が期待できます。医薬品のような副作用があるわけでもないので、安心して摂取できるのも強みです。

 

PMS(月経前症候群)の緩和

生理の14日前から生理までの期間はエストロゲンの分泌量が大きく動く時期となり、基礎体温が切り替わるため、その影響でPMS(月経前症候群)になる女性がいます。

 

フィトエストロゲンはエストロゲンの増減いずれにも対応できるため、積極的に摂取することでPMSの症状を軽減できる可能性があります。

 

バストアップ効果

キヌアをを食べることにより、女性ホルモン分泌量が増え、劇的な効果はないものの、バストアップにつながる可能性があります。

 

キヌアのその他の美容効果は?

キヌアには、フィトエストロゲンだけでなくさまざまなミネラル類も含まれています。

 

鉄分 乾燥肌・クマ・くすみを予防する
カルシウム 女性ホルモン分泌量をコントロールする
カリウム むくみを解消する
マグネシウム PMS症状の緩和
亜鉛 皮膚の新陳代謝促進、女性ホルモンの原料など

 

中には必須ミネラルのものもあり、食品でしか摂取できないため、キヌアを食べることによってミネラルを補充し、さまざまな美容効果を得ることができるのです。

 

まとめ

キヌアを食べることで、フィトエストロゲンを効果的に摂取し、美容・美肌効果、さらには更年期障害の緩和など、さまざまなメリットを得ることができます。

 

また、キヌアにはさまざまなミネラルが豊富に含まれており、むくみ解消や乾燥肌予防など、肌トラブルを軽減する効果も発揮できるのです。

 

>>>キヌアの食べ方で米に混ぜるのはもう古い?