アマランサスとキヌアの栄養面等を比較

アマランサスとキヌアを比較

 

キヌアとよく似たスーパーフードにアマランサスがあります。最近人気が出てきたスーパーフードで、ダイエットや栄養補給に最適ということでキヌアのライバル的な立ち位置になっています。

 

そういうわけで、「キヌアとアマランサスはどちらがいいの?」と気になっている人も多いでしょう。ここで徹底比較を行います。

 

キヌアとアマランサスの栄養素を比較

 

まずはキヌアとアマランサスの栄養を比較検討してみましょう。

 

100g当たり キヌア アマランサス
エネルギー 368kcal 358kcal
食物繊維 7g 7.1g
タンパク質 14g 13g
脂質 6g 6g
ビタミンB1 0.107mg 0.015mg
ビタミンB2 0.11mg 0.022mg
ビタミンB3 0.412mg 0.235mg
ビタミンB6 0.123mg 0.113mg
葉酸 184μg 130μg
ビタミンE 0.63mg 0.19mg
ルテイン 53μg -
カルシウム 17mg 47mg
1.49mg 2.1mg
マグネシウム 64mg 65mg
亜鉛 1.09mg 0.86mg

 

エネルギーや脂質の面では互角

キヌアとアマランサスは、カロリー面、脂質面ではほぼ同じ数値となっています。また、食物繊維やタンパク質などもほとんど同量なので、ダイエットという意味では全く同じ効果を持っていることがわかります。

 

ビタミンではキヌアが有利

ビタミンではキヌアが優勢です。特に注目したいのが葉酸で、1日妊娠中の女性は400μgの葉酸が必要と言われています。

 

>>妊娠中・授乳中の栄養補給に最適!妊活のサポートもできる

 

キヌアは1日に1食分(100g)食べることで、妊婦の必要な葉酸の約半分を摂取することができるのです。

 

もちろんアマランサスも葉酸の含有量は多いので葉酸摂取のサポートにはなりますが、他のビタミン含有量も考慮するとキヌアに軍配が上がるでしょう。

 

ミネラルはアマランサスがやや優勢

ミネラルに関しては、カルシウム、鉄分はアマランサスの方が含有量が多いです。ただ、カルシウム関してはどちらももともとの含有量が少ないので、カルシウム補給の役割はあまり果たしません。

 

重要なのは鉄分で、アマランサスは2.1mg含まれています。1日に必要な鉄分量は10~12mgなので、アマランサスを1食分食べると、20%を補給することができるのです。キヌアは1.49mg(15%程度)に過ぎないので、この差はそれなりにあるでしょう。

 

キヌアとアマランサスの利用方法

 

  キヌア アマランサス
食べ方

・主食の代わりにする
・調理して食べ物に混ぜる
・調理して飲み物に混ぜる

・主食の代わりにする
・調理して食べ物に混ぜる
・調理して飲み物に混ぜる

調理方法

・茹でる(15分程度)
・炊く
・表面にサポニンが含まれるので洗う必要がある

・茹でる(10分程度)
・炊く

 

食べ方に関しては、キヌアもアマランサスも全く変わりません。米に混ぜて炊いたり、米の代わりに主食にしたり、食べ物・飲み物に混ぜて食べたりなど、かなりのバリエーションがあります。

 

また調理方法に関してもほぼ同じですが、キヌアはゆで時間が少し長いほか、表面にサポニンがあるため洗う必要があります。その分、わずかですがアマランサスの方が調理がラクと言えるでしょう。

 

美容面での比較

 

キヌアとアマランサスの美容面でのメリットを表にしました。

 

キヌア

フィトエストロゲンが含まれ、女性ホルモンのように働くため美肌・バストアップ効果などがある
・美容によいミネラル(鉄分やマグネシウム、亜鉛)などが含まれる

アマランサス

スクアレン(深海ザメの肝臓に含まれる脂肪)が含まれ、肌の新陳代謝を促す
・美容によいミネラル(鉄分やマグネシウム、亜鉛)などが含まれる

 

キヌアには、フィトエストロゲンという女性ホルモンによく似た成分が入っています。

 

>>女性ホルモン成分が美容やバストアップに繋がる?

 

そのため、美肌・髪のツヤ、コシを出す・バストアップなどの効果が期待できます。

 

一方、アマランサスには深海ザメの肝臓に含まれる希少な脂肪酸「スクアレン」が含まれています。スクアレンは最近ではサプリや化粧品にも含まれているほど注目されている美容成分で、それが食品から摂取できるのは要注目です。

 

また、共通して鉄分やマグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富で、女性ホルモン分泌を促す効果があります。

 

どんな人におすすめ?

キヌアとアマランサスは、食べ方の面ではほとんど変わりません。なので、特性としては栄養面がもっとも大きな違いでしょう。

 

栄養面を考慮すると、どんな人におすすめかは以下のとおりになります。

 

キヌア

・ダイエットしつつ栄養補給したい人
・妊活をサポートしたい人
・フィトエストロゲンで美容効果を出したい人

アマランサス

・ダイエットしつつ栄養補給したい人
・貧血が気になる人
・スクアレンで美容効果を出したい人

 

キヌアとアマランサス、共通してダイエット効果が期待できます。カロリーはお米と同等ですが、栄養成分がお米よりもはるかに多いので、少ない量でしっかりと栄養補給ができ、カロリーカットも達成できるからです。キヌアとアマランサスで今一番注目されている部分でもあります。

 

次に、美容効果に関しても、キヌアとアマランサスの両方とも対応できます。ただ、有効成分が違うので、美容面を重視するなら両方を活用するのが理想的です。

 

キヌアは葉酸が多く含まれているので、妊活・妊娠時の栄養補給という意味ではキヌアの勝利でしょう。

 

一方、アマランサスは鉄分含有量が多いため、貧血対策に活用したいときはアマランサスが優位です。

 

ただ、キヌアとアマランサスは食べ方も栄養成分も非常に良く似た食べ物です。お互いの良い所をどっちも欲しいなら、キヌアとアマランサスを両方食事に取りいれるのが一番賢い選択でしょう。

 

>>>キヌアの食べ方で米に混ぜるのはもう古い?